毎日の習慣で予防できる

中年

運動で予防する

40歳以降になると近くのものが見えにくくなる、いわゆる「老眼」に悩む人が増えてきますが、ある程度自分でチェックして老眼かどうかを、判断することが可能です。長時間パソコンやスマートフォンを使うと、目がしょぼしょぼするといったチェックに当てはまると、老眼かもしれません。誰しも避けては通れないと言われている目の老化、老眼ですが実はなりにくい生活習慣というものがあるので、予防法をチェックしてみてはいかがでしょう。なりにくいと言われる生活習慣をチェックして、日頃から対策を行えば老眼を引き起こす時期を遅くしたり、症状が悪化するスピードも遅くできるかもしれません。日頃からよく運動をしているという人の場合、老眼になりにくいと言われているので、予防のためには意識して運動を行うのがおすすめです。運動不足に陥ると全身の血液の流れが悪くなり、目まで血液が行き届かなくなってしまうため、目の老化を促進させると言われています。老眼は目の老化で引き起こされる現象なので、日頃から運動を行い血液の流れを良くしておけば、結果的に予防に繋がるのです。運動といっても激しい筋肉トレーニングのようなものではなく、ウォーキング程度の軽い運動で十分効果的です。もし、ウォーキングをする時間を取ることも難しいという場合には、普段の生活の中でちょっとだけ運動を取り入れてみましょう。例えば、出かけ先ではエレベーターやエスカレーターを使わず、階段で上り下りすることを心がけるだけでも運動不足を解消できます。

Copyright© 2018 老眼は早期改善が大切【簡単なセルフチェック方法】 All Rights Reserved.