進行を防ぐには

目

目のケアを行おう

45歳前後から症状が現れる老眼ですが、いつまで症状が進んでしまうのかチェックしてみると、約65歳程度のようです。65歳になるまで徐々に視力が低下していき、この年齢あたりを過ぎると老眼の症状が悪化することはなく、一定の視力をキープする形となります。目の老化が招く症状ですので年齢を重ねると、誰しも老眼を発症するリスクはありますが、できるだけ進行は抑えたいものです。老眼の進行を抑える効果が期待できる対策法があるので、40歳を過ぎたら予防もかねてチェックしてみると良いでしょう。まずは大切になってくるのが、目のケアを行うもので特に紫外線が目に入る量はチェックポイントと言えます。老眼はカメラのレンズのような役割をする、水晶体が硬くなることも要因となる1つで、紫外線を浴びて活性酸素が増加すると水晶体は硬くなってしまいます。水晶体の老化を起こさないためにも、UV機能のあるサングラスをかけたり、帽子をかぶるなどして紫外線対策を行うのがおすすめです。さらにパソコンと目の距離をチェックして、近すぎるという場合はパソコンのモニターを離して使用するのも、老眼の進行を抑制する効果が期待できます。パソコンのモニターとの距離を設けることによって、目の疲れや負担を軽減することができるため、症状の進行を抑制できると言われています。毎日、パソコンのモニターを長時間見続けるという人の場合、目からモニターまでの距離を約50センチから70センチ程、離すのがベストです。

Copyright© 2018 老眼は早期改善が大切【簡単なセルフチェック方法】 All Rights Reserved.