遠視との違い

ウーマン

水晶体の弾力がなくなる

老眼も遠視もどちらも使用する眼鏡は凸レンズを使うので同じように考えている人がいますが、近くが見えにくくなる原因は全く異なります。ちなみに老眼は手元が見えにくくなる人が多いですが、もともと近眼で遠くが見えにくい人は老眼になると遠くが見えにくくなることがあります。正常に見える人は眼軸が標準で水晶体で屈折して入ってきた光が網膜にピントがあいますが、遠視の場合には眼軸の長さが短いため網膜でピントがあわずに網膜より先でピントがあうことになります。一方、老眼の場合には水晶体の弾力が弱まり、充分に膨らむことができないことから網膜にピントを合わせることができません。遠視の場合は遠くを見る時はあまり調節しなくてもよく見ることができますが、近くを見る時には強く調節すれば見ることができるので遠視のチェックができます。しかし、常に調節していなければいけないため疲れやすくなってしまいます。一方、老眼は調節してもある地点から近くはピントを合わせることができません。自分が老眼かどうかをチェックするには次のことをチェックするだけで判断することができます。まず自分の指紋がはっきり見える眼と指の距離を測って下さい。この距離が30cm以上あるときには老眼鏡をかけた方がよいでしょう。このチェックをしなくても暗い場所で眼がかすむようなことがあったり、辞書などの小さな文字が見にくくなったと感じたときには老眼の可能性があります。

Copyright© 2018 老眼は早期改善が大切【簡単なセルフチェック方法】 All Rights Reserved.