若い人も要注意

女性

紫外線対策をしっかりと

新聞やスマホなど文字を見るとき、物を遠ざける行動を行うと老眼になったのではと自覚するようになります。40代を過ぎると目のピント調節機能である水晶体が硬くなり、近くを見るときに調節ができなくなることが理由です。老眼になっているかどうかは簡単なチェック方法があり、指先をゆっくり遠ざけたり近づけたりして視点がどこで合うかというチェック方法があり、その距離により目の年齢が分かります。そのほかのチェック項目はぼやける、充血、乾き、光をまぶしく感じる、夕方物が見えづらい、肩こりや頭痛といったこともあります。誰にでもよくあるチェック項目ですが中高年だけでなく若い人にもスマホ老眼が増えているので早めにチェックして対策を急ぐことが大事です。若い人では長時間スマホを利用していることがあり強い光、細かな文字、早い動きで目を酷使している状態が続きスマホ老眼と呼ばれる人がいます。若いから大丈夫ということではなく危険な行為なので早めに改善策を考えましょう。また紫外線による目の老化も問題で紫外線対策のできるメガネの着用が効果的です。濃い色のサングラスは強い光対策としては有効ですが、瞳孔を開けるので紫外線はより多く入ってくるので薄い色のサングラスがおすすめです。老眼を改善できる目の運動、目に良い栄養のアントシアニン、ピント調節機能をよくする機能性表示食品であるルテイン、紫外線対策、1時間に1度は休憩をとることなど目に良いことをとり入れましょう。

毎日の習慣で予防できる

中年

老眼にないrにくい生活習慣があるのでチェックしてみましょう。なりにくいと言われている生活習慣は、毎日の運動です。ウォーキングなどの運動を行うこによって、血行が促進され目にも十分な血液が行き渡るようになり、老化を予防することが老眼予防に繋がります。

詳しく見る

自分の体を見つめよう

医師

老眼は毛様体筋の動きが固くなることで水晶体の形状を上手に変化させる事ができずに、近くのピントが合わせにくくなる症状です。眼精疲労を伴ったり、年々進行していくものなので、眼科に調節力をチェックしてもらい適正なメガネを作成してもらいましょう。

詳しく見る

身体の中から対策を

眼球

老眼におすすめの食材、栄養素があるのでチェックしましょう。目の老化が原因で起こる症状なので、老化を抑える抗酸化作用の高い、ビタミンA・C・Eを摂取するのがおすすめです。ビタミンAはニンジンに、ビタミンCは果物に、ビタミンEはかぼちゃに多く含まれています。

詳しく見る

進行を防ぐには

目

老眼の症状を抑える方法があるのでチェックしてみましょう。水晶体が硬くなりにくくなるよう、UVカットのサングラスをかけるなどして、紫外線対策するのが有効です。さらにパソコンを使う場合は、モニターから目を50センチから70センチ離すのも良いとされています。

詳しく見る

遠視との違い

ウーマン

老眼も遠視もどちらも手元が見えにくくなる症状がでますが、遠視は眼軸が短いことが原因で老眼は水晶体の弾力が衰えるのが原因です。老眼のチェックをするには、指紋がはっきり見える距離をはかり、30cm以上ある場合には眼鏡が必要と言われています。

詳しく見る

Copyright© 2018 老眼は早期改善が大切【簡単なセルフチェック方法】 All Rights Reserved.